銀行融資サポート

建設業界は、他業界と比べても「特に運転資金が必要な業種である」と言われています。

その理由は

looks_one 基本的に工期が長く、着工してから完工して入金になるまで時間がかかる
looks_two にも関わらず、材料の仕入れや外注費など支払いが先行して発生するため、キャッシュが先に出て行く
looks_3更に、工事以外にも固定的経費があり、資金を圧迫する

そのため、建設業界は、売上管理、利益計画・資金計画をしっかりと行い、同時に銀行・信用金庫をはじめとした金融機関との関係を強化しながら必要資金を確保しなければなりません。

金融機関と上手に付き合うために

  • 当然のことですが金融機関は支払い能力のない企業、資金管理の出来ていない企業にはお金を貸してはくれません。ご自身が他人にお金を貸す立場になって考えてみればおわかりになることと思います。

    では、金融機関と良好な関係を築きながら、いざとなったらすぐ融資を受けられる状態にしておくにはどんなことを心掛ければ良いのでしょうか?

ポイントは以下の3つです。

looks_one日頃から金融機関に情報を開示し、信頼関係を築いておく
looks_two常に決算内容(主にB/S)を意識し、金融機関の評価を下げないようにする
looks_3試算表・資金繰り表・受注一覧はいつでも出せるよう、内部管理を徹底する

これらは、お金を借りようと思ったからといってすぐできることではなく、常日頃からしっかりとした財務体質づくりや資金管理を行うことで実現するものです。
是非、継続的に取り組んで行きたいものです。

ザイムパートナーズの融資サポートとは?

ザイムパートナーズでは、建設業の皆様の融資サポートも行っております。

内容としまして

  • 手順looks_one

    事前相談(現状把握と対策の検討)

    まずは現在の状況を確認させていただくと同時に、いつまでにいくら必要なのか?を確認いたします。その上で、財務諸表等を拝見した上で必要な対策を検討いたします。

  • 手順looks_two

    今お付き合いのある金融機関との交渉

    対策がまとまりましたら、今お取引のある金融機関の担当者様と交渉をいたします。金額の交渉は勿論ですが、返済期間や方法なども相談いたします。

  • 手順looks_3

    事業計画書等、必要書類の作成

    金融機関から事業計画書等の作成を求められた場合には、融資担当者が行内で話を通しやすいかどうかも考慮しながら事業計画書等を作成いたします。
    事業計画書が必要でない場合は、融資申請書の他、提出書類の作製もサポートいたします。

  • 手順looks_4

    融資の実行

    上記が滞りなく行われた場合には、融資の実行(口座に振り込まれるまで)責任をもってサポートいたします。また、今後も金融機関から融資を受けられるよう、継続的な財務体質の改善サポートも行います。

ザイムパートナーズの仕事は、建設業の皆様が金融機関からお金を借りることではなく、お金に困らない会社にすることであると考えております。
是非、ご賛同いただける方はザイムパートナーズにご相談下さい。