建設業の税務・会計はなぜ難しいのか?

建設業の税務・会計処理には業界特有のルールが多く、専門知識と経験が必要と言われています。事実、売上計上の考え方や原価計算の仕方、税務上の経費の取り扱いなど「建設業特有」のものが多く、建設業の税務・会計に慣れていない方には難しいようです。

また、業界的には税務調査が多く、日頃から正しい税務・会計処理を行っていませんと税務調査の際に否認されるケースも多く、調査後に多額の出費を要することも多いようです。

そこで、多くの建設業者を顧問先とするザイムパートナーズが、建設業の税務・会計の注意点を簡潔に整理させていただきます。

建設業税務・会計のポイント

  • 実行予算と原価管理について

    建設業で利益を出すためには、現場毎の実行予算と原価管理の差異分析が欠かせませんが、実行予算を立ててもその通り行かないとお悩みの経営者様も多いようです。そこで、実行予算と工事原価について・・・

    詳しくはこちらへ

  • 売上計上の時期について

    建設業の場合、工事着工から完成までの期間が長いため、いつ売上を上げるべきなのか悩ましいところですが、売上計上の時期については税務調査でも必ず指摘されます。そこで建設業の売上計上の時期に・・・

    詳しくはこちらへ

  • 給与と外注費の区分

    現場作業員を多数使う建設業において、作業員に払う報酬を給与として払うか、外注費として払うかで、会社の資金負担は大きく異なります。しかしながら、作業員の給与と外注費の区分も税務調査で必ず・・・

    詳しくはこちらへ

  • 経営事項審査の点数アップ

    公共工事を元請業者として直接役所から受注したい場合に必ず必要となるのが「経営事項審査」です。裏を返せば「元請業者になるつもりはない」という方には経営事項審査は不要です。しかしながら、これから・・・

    詳しくはこちらへ