税理士顧問

建設業の税務・会計は、他業界とは異なるため、建設業界に精通していませんと正しい処理ができません。また、資金繰りや資金調達に関する要望も多く、金融機関の融資審査基準を考慮して作成された決算書であるかどうかも建設業の企業様が融資を受けられるかどうかにもかかわってきます。

ザイムパートナーズは、建設業に精通しているからこそ、建設業の皆様のお役に立てる税理士事務所です。是非、建設業に強い税理士をお探しの皆様は私どもにご相談下さい。

ザイムパートナーズの税務顧問の特徴

建設業は工期が長く、売上・工事原価をタイムリーに把握するだけでも大変です。
更に、金額自体も大きいため、利益が残るとなると多額の税金を工面しなければならず、その資金繰りでまた奔走しなければなりません。

そこで、ザイムパートナーズでは、オリジナルのExcelシートによる利益・納税予測を通じて、常に半年後の利益予測・納税額予測を行うようにしています。

具体的には、上半期が過ぎる頃には、決算終了後の利益・納税額の大まかな見込みは把握できますので、経営者の皆様も早め早めに資金繰りの準備をすることができ、お金の心配を軽くすることができると思います。

建設業の経営者様とお話をすると、「以前の税理士事務所は毎月来て、いろいろ説明してくれるけれども、専門用語が多くて全然わからなかった」という声を多く聞きます。私どもは数字を把握することが仕事のために、感じることが少ないのかも知れませんが、会社の経営状況をわかりやすく説明する技術こそ、専門家に求められるスキルかも知れません。

そこで、私どもは「経営者にわかりやすいこと」を第一に考え、数値だけでなくグラフなどを多用した分かりやすい報告書を使って説明しています。

また、損益計算書だけでなく、金融機関が重視する貸借対照表も定期的に見ていただく機会を設けることで、会社の安全度向上を図ると同時に、無理のない借入返済ができるよう、利益額に着目したアドバイスを心がけています。

建設業の税務・会計は他業界と同じではありません。財務体質の強化や資金繰りの改善をお考えの経営者の皆様はザイムパートナーズにご相談下さい。